27歳大卒。ビルメンになりたくない。

一時はビルメンを目指した若造の物語。自分の日常を書き留めておきたいので、情報発信のブログにすることにします。読者になってくれれば嬉しいです。

転職時に役立ちそうな書き込みを2chやまとめサイトから抜粋してみた

ものすごい雑にまとめていきますw

 

 

◆塾講師

正職員募集で「若い人でも仕事が任せられる」「20代が活躍中」とうたって 
いるところはブラック。経営難で20代しか雇えないか、見切りをつけて30代 
が退職しているかだ。私がいたところは両方。

→確かに比較的、若い人が多いイメージあるけどね。

立ち上げたばっかりなら若い人雇いたい気持ちがあるのかも。

あと個人的な意見挟むけど、少子高齢化社会で塾講師は生き残っていけない気が・・・

グローバル社会で、数少ない子供の中から役立つ人材を育てるにはどうしたらいいんだろうね。

 

この業界は離職率一位なんだぞ 
ブラックだと飲食が騒がれてるがそれよりも高いんだぞ 
よーく考えろよな

→全然知らなかった。

 

 

あれ、、、筆がとまったw

ボツ記事になりますが、一応アップします。

稼げる楽な仕事や将来性のある仕事考えてみた

自分はやらないけど、他人にはオススメできます・・・w

 

 

一つは、薬剤師。

薬学についてずっと学ぶ必要があるけど、きちんと就職できれば高給。

ただし、他の医療系同様シフト勤務なので、その辺りに抵抗なければよし。

また、将来性について色んなところで書かれてますが、自分は明るいと思います。

高齢化社会が進み、また、より便利な社会を目指して、薬が置かれる場所が増えていくのではないかと思います。

もしコンビニに置かれるようになれば、一気に需要は増すでしょう。

一応、楽かどうかについて書いておきますが、貰える給与を考えると比較的楽だということで。(もちのろんで異論は認めます)

 

もう一つは、理学療法士作業療法士。そして介護士

言わなくてもわかりますよね。需要は増えると思いませんか?

あと個人的には、誰もやりたがらない仕事に将来性がありそうな気がします。

ただ、そうなると小売や飲食も含まれますよね。

大変ですよね。。。

 

 

 

稼げる楽な仕事なんていうのは無いような気がします。

私も昔は絶対にあると思っていました。

でも少なからず努力をしなくちゃ無理だと思います。

 

個人的には、努力と苦労って別物だと思っています。

苦労ってのは、

(物事がうまくゆくように)あれこれと、体や気を使うこと。骨折り。

ということだそうです。

 

もし、他人には苦労にみえることでも、本人が楽しんでやっていたり、率先してやっていたりするならば、それは努力なんじゃないかなと。

 

言葉のあやですねw

 

ちなみに私は、株で月50万稼ぐほどの時期がありました。現在はモチベが下がり、情報収集も怠り、月10万がせいぜいです。(一度大きな負けを経験し、デイトレを辞め、スイング、中期取引に切り替えたのが一番の理由です。大きく張れなくなりました。)

 

その時、他人からは大変だね。苦労してるね。みたいなことを言われた事はありますが、私はむしろ本当に楽しくてやっていましたから努力だったんじゃないかと思います。まあそれでも、自分の使いこなせないインジケータを使いたいがために、色んな人の手法を勉強していたりしたときは流石に嫌々やったときもありましたがw

 

仕事でもそんな感覚つかめるのがないかと考えている次第です。

営業?技術職?何がやりたいのかはっきりしてなければ行動もできない

やっぱり目的が定まってる人は強いです。

 

欲を言えば、どうして ”それをするのか” という目的に対しての理由付けもきちんとしてれば最強です。

 

どうしてそう思うのかというと、目的がしっかりしてなければ、行動もままならないからです。

 

例え、がむしゃらに行動していたとしても、方向がわからないので、取捨選択もおぼつきません。

 

でも目的がしっかりしてれば、一度立ち止まって取捨選択できます。

 

 

私にもやりたいこと、つまり目的はあるんです。

 

ただ、途中で勇気がなくなったり、飽きたりすることがあります。

 

例えば、

 

私は株取引が好きなので証券の営業マンになろう!

◯ 実際の取引や情報収集力があれば、唯一無二の営業マンになれるかも!

✕ 転勤多いし、リテールだけじゃなくて法人も担当することになったら嫌だな…

とか。

 

私は学生時代からスポーツをやってきた。スポーツインストラクターになろう!

◯ 食事管理やフリーウェイトトレーニングにも詳しい!お客様に教えるの楽しいぞ!

✕ 拘束時間長いし、シフト勤務だから友達と遊べないかも。あと現場は若い時だけだし。

とか。

 

 

悪い部分にも目をつむることができないんです。

結局はそれまでの気持ちなんだ、ということかもしれません。

どうしてもそれをやりたいっていう気持ちが中々湧きづらい。

 

でも、私が上みたいな事を言うと、大体人はこう言います。

「そんな事言ってられる年齢じゃないでしょ?」

「隣の芝生は青く見えるって言うでしょ?全部魅力的な仕事なんて一部の人にしかないよ」

「やってみなければわからないよ。悪い部分も大して苦じゃないかもしれないし。」

 

 

こういった意見をいただいて思った事は、

 

とにかくやってみなければ分からない。という事だと思います。

 

証券マン、スポーツトレーナー。

どっちをやろうかな。