読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

背が小さい人のためのブログ

身長がコンプレックスな方に向けて、良い情報を発信していきます。毎日1記事意識。

背の小さい人は体格に合ったバイクを選ぶべし!

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

 

今日の日記もサクッと書きます。

 

 

頭書の件については、前回のエントリーを御覧ください。

doryokugyakuten.hatenablog.com

 

上記のエントリーには、私が「背の小さい人は体格に合ったバイクを選ぶべき」だと思う理由について記載してます。

 

 

 

さてさて、私はバイクを取り巻く行政、業界について物申したい事があります。

 

それは、バイクの教習車の車高を選択できるようにしろ!ということです。

 

そんでもってメーカーは、新たに現行の教習車よりも低い車高のバイクを提供するといいでしょう。

 

教習に通っていると、色々な話を聞くことがあります。

 

まずは事故の話ですね。

 

私が一番衝撃を受けたのは、教習中の事故の話でした。

 

背の低い女性の方が、教習車のCB400SFに乗っていたところ、確か3回目くらいの教習中に、教習所内の壁に激突し、亡くなったという事です。
(おそらくニュースにもなったと思うのですが、見つけられませんでした。)

 

必ずしも背の低い事が原因で事故になったとは思いません。

 

でも、もう少し体格に合ったバイクであれば、防げた事故でも合ったのではないかと思います。

 

本来、安全に教習する事が絶対条件のはずである教習所で、何故そのような事故が起きるのでしょうか。

 

バイクなんて、車に比べて生身で時速60kmそこそこのスピードで走るのですから、車種選択の幅を広げるなり、教習者の安全をより確保してあげる必要があるのじゃないかと思います。

 

なので、私は教習車の車種を増やせと言っているんです。車高の低いバイクを選択できてもいいじゃないかと。

 

もう一つ話しましょう。

私が教習を受けていたところでの卒検時の話です。

 

どうやらお世辞にも上達せずに卒検まで来てしまったらしく、卒検スタート時からおぼつかない女性教習者がいました。確か身長は150cm前半。

 

本当に危なかっしい様子だったので、いまだに記憶に残っています。

 

いくつかミスもしていた様子だったが、なんとその女性は卒検に合格していました

 

その時、「マジであれで公道に出れるの?流石にヤバイんじゃない?」

と思いましたよ。

 

勿論、教官は贔屓などをしたわけではなく、法律に則って、厳密に採点したと思います。

 

でも、当の本人はどうなんでしょうね。少なくとも、私には「あの車格のバイクで公道にでるのはまず辞めた方がいいんじゃないかな」と思いました。

 

もしあれが身長150cm前半の体格に合ったバイクであったら、多少なりとも変わっていたのではないかと思います。

とにかく「足がツンツン」の状態が本当に危なかっしく見えたことを覚えています。

 

 

 

勿論、車種を増やせばコストが掛かるのは分かります。

 

でも実際に、ハーレーなどの教習車を置いてあるところもあります。

 

しかしながらそれはあくまでも、人と違うバイクで教習をしたいという方に向けて置いてあるのだと思いますが)

 

本人の体格とバイクの車格がどれだけ安全性に影響を及ぼすのか、ライダーの皆さんがしっかりと意識しなきゃいけないのではないかと思います。

 

自転車だって、同じ型式のバイクでも車格が違ったりするじゃないですか。

 

一応、バイクにもローダウン仕様があります。アンコ抜きという方法もあります。

 

でも、、、でもね、、、なんというか、「好きなバイクだからと言って、安全性を犠牲にしてまで乗る」のはやめようと言いたいんです。

 

で、その事を教習の段階からライダーに浸透させる事ができれば良いのに、とね。

 

色々なブログを見ていると、「体格に合ったバイクを選んだー」とか「背が低いので妥協してコレを選んだー」とか言う言葉を散見します。

 

いや、全然妥協なんかじゃないですよ!ベストな選択だと思います。

 

あなたの選択は皆のためでもあります。我慢する気持ちもわかりますが、立派だとさえ思います。

 

ここらで話をまとめましょう。

 

 

現状、僕が行政やメーカーにお願いしたい事は以下の3つです。

 

 

1.教習車の幅を増やし、車高の低い車種を増車する。

2.そして教習者には、身長に適したバイクを教習車として選択させる。

3.メーカーは、バイク毎に「適正身長」の表記を設ける。→この表記があると「妥協」の言葉が皆の口から出にくくなると思う。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

いくつか、デメリット等も浮かんでますし、それに対する対策なんかも浮かんでいますが、面倒なので端折りました。

 

これは個人的な意見だし、素人の意見なので、上記の方法論はどうでもよいです。

 

ただ、公道の安全を皆で守るという事を念頭に置いた時、体格に見合った車格のバイクに乗るという選択は間違っていないのではないかと思いますし、体格に対して無理の無いバイクの選択がライダーとしての義務なのではないかと思ってます。

 

以上!

背が小さい事によるマイナス要素を集めてみた

男性の場合、背が小さいと、どんなマイナスな事があるのか書き出してみます。

 

・背の高い男性を好きである女性から好意を抱かれる可能性が低い。

 

・好きな乗り物に乗れない。特にバイクはなんだかんだ体格が良いと乗りやすい物が多い。

 

 

 

ぶっちゃけこれくらいじゃないですか?

 

一つ目に関して言えば、ぶっちゃけその程度だと思います。

背の低い男性が好きな女性もいるでしょうし、逆に背の高い男性は好きじゃない女性もいるでしょう。

 

仮に、一般的には背の高い男性の方が好印象だとしても、ただそれだけの事です。

他に魅力的な部分があれば、背の低さなんてどうでも良いと思います。

 

 

 

次に、好きなバイクに乗れないという事ですが、こちらは重要。

 

バイク談義をすると、よく議題に上るのですが、好きなバイクに乗るのが一番というのは正しいのか?という事なんです。

 

私はそれは正しいか正しくないかという極端な分け方をするなら、正しくないと思います。

 

まず、公道はみんなのものです。その公道を安全に走らなければいけないのは、みんなの義務でもあると思います。

 

背の低い人が、自分の体格に見合わないバイクに乗ると、必ず立ちごけ等のリスクと戦うことになります。

 

すなわち、それは安全性を犠牲にしてでも好きなバイクに乗りたいという事と同義だと思うんです。

 

足がしっかり踵までついていれば防げた立ちゴケは、この世にいっぱいあると思います。

 

だから体格に合ったバイクに乗ることが、公道を走る上でのマナーだと思います。

 

 

統括すると、俺が考えるマイナス要素なんてこんな2つくらいだと思います。

 

だから、低身長を気にせず生きている。

 

コンプレックスではあるけれど、決して自信を削ぐとかそういうレベルではない。

 

だって他に大事な事をいっぱいあるからね。

 

今日は短いですがそんな話。

 

【見た目】背の小ささを努力でカバーする【印象】

こんばんは。

 

今日は背の小ささに悩む男性に向けて記事を書こうと思います。

『努力してでも背の低さをカバーしたい』

そんな方に向けて書きます。

 

※最初に申しておきます。
この日記は、自信の背の低さに強いコンプレックスを抱いているが故、どうにか払拭したいと思う筆者が書いています。従って、価値観の違いに戸惑う方、嫌悪を示される方もいると思います。背の低さがその人の魅力の全てを決めるわけではないからです。それは重々承知していますが、それでも背の低さをなんとかしたいと思う方もいるはず。そんな方であれば、是非ご覧になってみてください。

 

 

1.体を大きくする。

 

ハロー効果と呼ばれるものがあります。
ある対象を評価するときに、目立ちやすい特徴に引きずられて、他の特徴についての評価まで変わってしまう心理現象の事を言います。

 

www.web-bp-lab.com

 

これを見た目に当てはめてみましょう。

 

例えば、あなたは、比較的一般的な体格の背の低い男性を見ると、どういう印象を受けるでしょうか。

 

多くの方は、”幼く”見えてしまうのではないかと思います。

また、ものすごく酷な話ですが、”頼りなさそう”と思う方もいるはずです。

ちなみに私は面と向かって言われた事がありますw

 

しかし、もしあなたが標準的な体格の持ち主で、かつ背が低いのであれば、上記の印象を大幅に改善する方法があります。

 

それは”体を大きくすること”です。

 

背を伸ばすのではなく、体を大きくすれば良いのです。

太るのでも良いです。ベストなのは勿論、筋肉を纏う事でしょう。

 

165cmの男性を例に出しましょう。

おそらく、平均体重は50kgちょっとだと思います。

これを60kgまで増やせば、それなりに恰幅の良さが出てくるのではないかと思います。

 

ですが、ただ体重を増やせばいいというわけでもないです。

 

首と腕の太さが大事です。

 

動物は、相手の強さを測る時に首の太さ、腕の太さを見て判断すると言われています。

 

http://livedoor.blogimg.jp/nwknews/imgs/5/6/56b8d7ab.jpg

blog.livedoor.jp

 

 

上のアメフト選手の方を御覧ください。

本能的に強いと思ってしまいませんか?

つまりはそういうことです。

 

強く見えるということは、必然的に意見も通りやすくなります。

 

キレたらヤバそう・・・なんて事を言いたいのではないですよ?w

強そうな人の意見は、強そうな意見だということです。

でも、筋トレはしんどいなーって方もいますよね。

そんな方に、ぜひ下の記事を見てもらいです。

 

www.akionakagawa.com

 

Twitterで絶大な人気を誇る@Testosteroneさんのツイートをまとめてくださった記事です。

僕もこの中から、気持ちに刺さったツイートを引用させていただきます。(あくまでも個人的にですよw)

 

 

 

 

2.声を低くする

 

私は声の特異さと低さに悩んでいた時期があります。

特に気にし始めたのは、顔は知っていたけど話した事が無かったという女性から、

え!こんな声されてたんですね!なんか意外ですね!笑

って言われたときからですねw

なんかサラッと言われたので余計ショックでした・・・w

そこで私は、声が人に与える影響は大きいと知りました。

 

実際に、声が音程が及ぼす印象の変化は大きいようです。

 

mendy.jp

 

cotree.jp

 

私は、これまで初対面の相手に対して、”声を高く”して”元気良く”話すことを心がけていました。

 

これが間違いでした。

確かに、接客をする場面などでは有効かもしれませんが、やはり意見の通りが悪いと感じる事が多く、途中でその間違いに気付きました。

 

それからは、声を低くするトレーニングを行って、理想的な声の低さを手に入れました。

 

元々、体の小さい人は声帯が短い人が多く、声が高くなる傾向にあるようです。

 

トレーニングをかかさず行えば、必ず印象も変わってくると思うので、思い当たる方は試してみてください。

 

 

3.肌を黒くする

 

肌の白い男性は、基本的に不健康に見られがちということをご存知でしたか?

 

ameblo.jp

 

白人の方は、肌をあえて黒くする人が多いようです。

 

そうすると、相手に対して裕福な印象を与えるのだそうです。

 

僕個人の経験で言えば、夏場は海に行くことが多かったので焼けていたので、夏場の印象はとても良かったと思います。

 

ところが冬になると、朝から『今日顔色悪いね、大丈夫?』と言われる事もしばしば。

そう、私は元々色白だったのです。

 

背の低さとは関係が無い事柄かもしれません。でも背の低い者にとって、色白と言うのは、印象の悪さを加速させていました。

 

それに気づいてから私は、セルフタンニングを使って肌を黒くしています。

http://veganfoodism.com/wp-content/uploads/2015/04/bronze_turner_02.jpg

veganfoodism.com

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

私が、印象を変えるために、現在進行系で努力しているのは以上の3つです。

 

はっきり言って、相手に対する印象はかなり変わります。

それどころか、自信がみなぎるようになりました。

 

元々、理想とするものがあって、そして努力して理想に近づいていることを日々実感する事で、それが自信となっているという感じです。

 

同じように悩まれている方は、努力できる範囲でいいので是非試してみてください。

 

根気が大事ですが、習慣化できればこっちのものです!